モノ育毛剤
*
ホーム > 注目 > 鉄部塗装のリフォームで抑えておきたいポイントは?

鉄部塗装のリフォームで抑えておきたいポイントは?

鉄部塗装に使うプライマーとは、錆止めの事を指します。

プライマーの意味は「primary」という「最初の」という言葉から派生して出来た言葉です。

塗料に置き換えると「最初に塗る塗料」という意味です。

鉄部塗装で、1番初めに塗る塗料が錆止めです。

鉄部の場合、金属下地の錆びを抑える為に塗布する用途があり、別名「防錆プライマー」とも言います。

こういう塗装工事の時には、リフォーム会社選びはしっかり行ってくださいね。

鉄部塗装のリフォーム時に使われる「防錆プライマー」ってどんなもの?

錆止めの主な種類は、以下の物が使われる事が大半です。

環境に優しい錆止め―水性エポキシ錆止め塗料(1液型または2液型)

軽度な錆びがある場合―弱溶剤1型エポキシ錆止め塗料

重度な錆がある場合―弱・強溶剤型2液型エポキシ錆止め

が使われる事が多いです。

1番のオススメは、水性のエポキシ錆止めです。

しかし、鉄部の錆の程度が酷いと水性では対応する事が出来ません。

出来るだけ水性を採用するようにし、どうしても錆が酷い場合のみ溶剤系を選ぶようにしましょう。

鉄部は、その素材へ塗料を付着させる為に、どうしても溶剤系を採用してしまうケースがあります。

しかし、溶剤系は臭いがキツイので、出来れば選びたくない材料です。

外部で使う場合は、ご近所さんに強烈な臭いを発してしまう事があります。

場合によっては苦情に繋がる事もございますので、トラブルの原因にもなってしまいます。

塗装のリフォームで選ぶべき錆止めのポイント

もし、錆びの程度が酷く溶剤を選ぶ場合は、以下の条件の溶剤系の錆止めを採用しましょう。

・臭いが少ない(臭いがキツイ物は溶剤が多い)

・F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド規定以下)

・速乾性の物(乾きにくいと臭いをいつまでも発生させてしまう)

・鉛やクロム無配合(健康障害を引き起こす)

鉄部の錆止めは、オレンジ色のなんて事無い塗料にも思えますが、実はこのように色んな種類がございます。

適切な防錆プライマーを選んで、環境にも優しく鉄部が長持ちする塗装工事に繋げましょう。


関連記事

気になっている韃靼そば茶の通販
韃靼そば茶 通販とか見ると、いろいろと気になるなと思いました。一番、気になった理...
パソコンに水をこぼした時の対処法
パソコンに水をこぼしたときには、なるべく早く電源を切りましょう。 電源が入ってい...
ケフィアヨーグルト 種菌
ダイエッターに根強い人気のケフィアヨーグルト 種菌、その具体的なやり方ですが、酵...
カントリーエレベーターとは
カントリーエレベーターの発祥はアメリカ合衆国で、穀物の貯蔵施設の一種のことを指し...
鉄部塗装のリフォームで抑えておきたいポイントは?
鉄部塗装に使うプライマーとは、錆止めの事を指します。 プライマーの意味は「pri...